w a k u r a b a

文芸メイン、その他もろもろ

さよならはてな

一時的にか永久か私にも解りませんが、はてなを離れます。

このままぷつんと消えてしまうのは、今まで読んでくれていた人に失礼だと思うので、少しだけ書かせて下さい。

例の事件とは、関係ありません。いや、全く無いとは言い切れませんが。

スポンジボブの人のブログはたまに読んでいましたが、逮捕された人の事は知りませんでした。

事件を知った時、やはり私はざわざわとして息苦しくなりましたが、自分に言い聞かせました。この人達と私は何の接点も無い。私が苦しくなる理由は何も無いのだと。

そして、これも全然関係ありませんが、いつだったかのSさん失踪事件の時にも同じように過呼吸になって、一晩中眠れなかった事を思い出しました。

Sさんとは交流がありませんでしたが、読者数の少ない私のブログにいつもスターをくれた人でした。

後になって、Sさんが誰にでもスターを振る舞う人だったと知りましたが、当時はそれを知らず単純にいい人だなあと思っていました。

Sさんは無事に生きていて、私はそれがとても嬉しかった。涙が出るほど嬉しかったのです。

その後も続く騒動で、殆どの人がKさんの味方をしたけれど、私はSさんの側につこうと思いました。その理由は書きませんが、もちろん色恋の話などではありません。

 

 

 

自分のブログだからって何でも好きなように書けば、思いもしないトラブルに巻き込まれます。

私がはてなで最初に書いた「学校というコンクリートの塊に入れられて」は、病んでいた時に始めたので非常に暗く、ほとんど誰にも読まれませんでした。

読んでもらうための互助会と言われていた営業ブクマも相互読者登録も、一切しませんでした。

このブログを(おそらく)熱心に読んでいたのがねむれないさめさんと、20代のコーヒー屋さん、それから、昨年11月にガンでお亡くなりになった、きんさんでした。

このブログは思春期ブログカテゴリーでしたが、当時の思春期カテゴリーランキングトップだった外部ブログと揉め事が起き、相手のブログが閉鎖してしまったので私も責任を感じて閉鎖しました。

その後コーヒー屋さんとも揉めて、お互いにブロックしたという黒歴史があります。

 

感情が陰と陽に大きくぶれてしまう私は、ふたつのブログを同時に運営する事にしました。

そうすれば、楽しい記事を読みに来てくれた方を、暗い気持ちにさせてしまう事がないと思ったからです。

これはなかなかいい考えで、このふたつのブログを同一人物が書いているとは思わない方が何人もおりました。

このブログではトラブルを起こしたり、巻き込まれたりしないようにしよう。炎上なんて以ての外だと思っていましたが…

はい、起きました。ごめんなさい。

私はSさん事件の時のように、自分に関わりのない人や事柄に激しく感情移入してしまう事もありますが、殆どの場合、自分以外にあまり関心がありません。

誰と誰がNGだろうが、色恋沙汰を起こそうが、どうでもいいのです。

こんな私だから、Oさんからオフの打診があった時、いろいろな人に配慮した返事が出来なかったのだと思います。

申し訳ありませんでした。

 

これは私の受けた印象ですが、間違ってはいないはずです。

Oさんは私にも、ねむれないさめさんにも、Oさん主催の楽しいオフに来て欲しいとは思っていませんでした。

ねむれないさめさんが来れば、席順にかなりの配慮をしなければならないのが目に見えているし、私の事は、他の方から頼まれて仕方なく誘っただけなのです。

皆さんがご自分に都合のいいよういろいろな事を言っているのも、まあどうでもいいのですが、これが理由ではてなをやめるのではありません。

長く続けていても、あまりいい事はないのだな…と。

本当に悲しいお気の毒な事件と、バカバカしいオフ騒動が同時進行するのを見て、思い知りました。

 

さようなら、皆様。

さようなら、はてな。

 

タンポポ