読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

w a k u r a b a

文芸メイン、その他もろもろ

信仰

信仰がない私は、何に祈ればいいのだろうか。

どんな神様だって、私など助けてくれないと思う。

信仰があれば

信じる神がいれば

きっと、今ほど苦しくはなかっただろう。
 
幼い頃、姉とふたりで初詣に行った。

私達は押し黙って足元を見ながら歩いた。慣れない草履で砂利道が歩きにくいのもあるが、私達の心は沈んでいた。

神社の鳥居の前で、私は姉にこう言った。

「私、もう神様に願い事なんかしないんだ。だって、願いが叶った事なんか一度もないもの」

姉は少し驚いたような顔をした。そして小さな声で

「私も」と言った。
 
すると側にいたおばさんが、いきなり声を張り上げた。

「アンタ達なんて事言うの!神様をそんなふうに言うなんて、このバチ当たりが!」

私達はその剣幕に驚いて顔を見上げたが、全然知らない人だった。

「どこの子供だろう?こんな立派な着物を着せてもらって、お参りに来ているっていうのに…」

と、心底呆れたように私達を眺め回した。
 
私は見ず知らずの人に叱られて、きまりが悪かったが

ふん、と知らんぷりをしていた。

その態度にますます呆れかえって、おばさんはブツブツ言いながらどこかに行ってしまった。

 

 

何も知らないくせに

アンタなんか、何も知らないくせに


 
 
あれから何十年も経った。

姉も、あの日の事を覚えているという。

子供の頃の私はいつも「お父さんとお母さんが、ケンカをしませんように」と

祈っていたのだった。

姉も、同じだと言う。

夫婦喧嘩というレベルではない父の暴力が、日常的にあった。

母が寝るのも惜しんで、働き詰めに働いて

私達にお揃いの、ウールの着物を誂えてくれた。

それが無駄遣いだと言って、大晦日の夜も家の中は荒れていたのだった。
 

神仏に祈る時、私は今でも心のどこかで

私の願いはどうせ、聞き入れられないと思ってしまう。

なので、自分以外の無事を願う。

 

私の事はどうでもいいので、どうかお願いしますと。