読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

w a k u r a b a

文芸メイン、その他もろもろ

ポケモンGOとポケモンと、子育てに思うこと

娘はちょうどポケモン第一世代と言えるのだろう。

 

私は娘にキャラクター商品を与えない主義だったが、ポケモンボードゲームは買い与えた。
 
兄弟がいないので、そのゲームには毎日のように付き合わされた。
 
必然的に私も、モンスターを覚えていった。
 
夫はあまり乗り気ではなく、渋々付き合っていた。
 
家にお友達が遊びに来たときも、ボードゲームをしていた。
 
子供同士で勝ち負けを競うとき、些細な事ですぐに喧嘩が始まった。
 
兄弟喧嘩をしたことがない娘は口では勝てず、いつも我慢ばかりしていた。
 
でも、それでよかった。
 
ボードゲーム遊びは楽しいだけではなく、負けて悔しい思いもするし、揉めて悲しい事もある。
 
それは全て、子供逹に必要な学びであると信じていた。
 
 
 
 
 
劇場版ポケットモンスター ミュウツーの逆襲」を6組の親子で観に行ったのは、小学校低学年の時。
 
低学年の子には少し長かったのか、一緒に行った子は途中で飽きてしまった。
 
娘はアニメが大好きなので、食い入るように観ていた。
 
ミュウとミュウツーの戦いに巻き込まれたサトシが石になってしまう場面で、横に座る娘をチラリと見ると…
 
大号泣!
 
ひゃー…両方の鼻穴からの鼻水と涙でぐっちゃぐちゃ…(>_<)
 
幸い、ピカチュウのこぼした涙のお陰でサトシの体は元に戻り
娘も泣き止んで、笑顔になっていた。
 
妖怪ウォッチ人気に押され、一部のマニアを除いてすっかり下火となったポケモンが、ポケモンGO効果で新たなセンセーションを巻き起こしている。
 
そしてポケモンが引き金となって、辛かった子育て中のいろいろな出来事を思い出した。
 
ポケモンで号泣した娘だったが、小学校の卒業式では泣かなかった。
 
女子のほとんどが抱き合って大泣きし、男子でさえ目と鼻を赤くしていたのに。
 
それを見たママ友が、聞こえよがしに言った。
 
「うちの子は泣く子でホッとしたわ。こういう時にも泣かない子だったら可愛げがなくって、何だかガッカリよね。」
 
かなりむかついたが、聞こえなかったフリをした。
 
私達は子どもをボードゲームのコマのようにして、勝った、負けた、追い抜いたと常に争っていた。
 
我が子の尻を叩き、時には他所の子を見下してまで自分の子を優位に立たせたい。そんな母親ばかりだった。
 
この6年間は、今思い出しても吐き気がする。
 
卒業の日、私はこんな連中とも今日でおさらばだと、せいせいしていた。
 
娘が泣かないのは、雰囲気に流されてもらい泣きをしない、芯の強い子だからだ。
 
そして私と同様に、小学校の友人関係には嫌気がさしていたのだと思う。
 
 
 
高校受験の頃、遅めの反抗期が始まった。
 
受験勉強のストレスだから仕方がない、と我慢したが、入学後は更に酷くなった。
 
「高校生になったら」と約束していた携帯の使用ルールで、毎日が壮絶バトルだった。
 
高校の3年間は、携帯が原因で最悪な親子関係だった。
 
娘が中学生の頃は、携帯所持率7割ほどだったが、高校で持っていない子は2,3人と聞いた。
 
持たせた途端に携帯依存となって一日中携帯を離さず、だらだらとメールをしていた。
 
受験で燃え尽きてしまい、勉強が全くおろそかになった。
 
今まで我慢をさせ過ぎたからだろうか?と、自問自答した。
 
けれども中学で持たせて同じように携帯依存になったら、高校受験でも失敗していたと思う。
 
 
3年前、中3の息子がいる同僚に相談された。
 
まだ携帯を持っていないのはクラスで同僚の子だけなのだが、絶賛反抗期中で家庭だけでなく学校でも荒れ、非行に走っている。
 
「こんな状況なので絶対に持たせたくないが、毎日携帯の事で揉めて困っている。」という相談だった。
 
「ルールを決めて与えても、どうせ守らないのは目に見えている。ただでさえダダ下がりの成績なのに、携帯ゲーム三昧になったら高校に入れなくなってしまう。」
と、かなり切実なものだった。
 
私は娘に「高校生になったら」という約束通り、入学と同時に与えたが、果たしてそれで良かったと言えるかどうかは解らない。
 
娘の頃よりも中学生の携帯所持率が上がっているので、高校まで我慢させるのは厳し過ぎるだろう。
 
LINEが流行り始めていて、そこに自分だけが入れない状況はキツイ。
 
携帯を持っていないのが酷い反抗の理由のひとつなら、携帯を持たせたら少しは治まるのかも知れない。
等と話し
 
「この件に関して私は失敗例なので、力になれなくてゴメンね」と詫びた。
 
同僚は中3の2学期に携帯を渡したが、それでも息子の反抗は治まらず、高校受験は不本意な結果に終わった。
 
 
 
ポケモンGOのムーブメントは、当時の私達の悩みなど吹き飛ばすほど、スマホ所持の低年齢化を促進するのかも知れない。
 
大人も、大学生も、高校生も、皆がスマホを持って街を歩き回っている。
 
小中学生に「スマホはまだダメ!」と説得するのに、何を理由にしたらいいか解らない。
 
周りが皆ポケモンGOに夢中になる中、スマホのない子は何をしていればよいのだろうか。
 
ゲームボーイはダメ!
ファミコンもダメ!
 
と言って、それらに触れさせなかった私でも、今が子育て中だったなら娘にスマホを渡してしまうかも知れない。
 
 
 
真っ先にポケモンGOを始めた夫は今、レベル14。
 
「いい大人がバッカじゃないの?」
と、白い目で見ていた娘だったが、レベル10らしい。
「やり始めたら絶対にハマるからやらない!」
と宣言したのに、一昨日から始めた私は、やっとレベル4になった。
 
キモイ、ウザいと諍いばかりしていた父娘が、集めたモンスターの話に興じる日が来るとは夢にも思わなかった。
 
今日は私も外に出かけて、レベルを上げて来よう。
 
車にぶつからないように気を付けながら、たくさん歩こう。