w a k u r a b a

文芸メイン、その他もろもろ

運命なんかじゃない

消費者金融が、チワワのくぅ~ちゃんを使ったCMを流したのは2002年。

「私を連れて行って」と言わんばかりに大きな瞳をウルウルさせて、パパをじっと見つめる姿は本当に愛らしかった。

くぅ~空前のチワワブームが起こり、娘の同級生達も次々とチワワを飼いだした。

それまであまり高くなかったチワワの値段が、どんどん高くなっていったのを記憶している。

 

だから、きっと今はポメラニアンの値段が上がっているのだろうと、容易に想像できた。

3月に誕生日の犬ケーキを買いに行った時、西新井のペットショップにいた白ポメには

63万5千円の値札が付いていて驚愕した。

ソフトバンクのCMにギガちゃんが登場するまでは、ポメラニアンはあまり売り場にいなかったし値段も20万円くらいだったと思う。

 

¥635,000 ↓
f:id:tanpopotanpopo:20160418100856j:image

 

 

一昨日、豊洲のららぽーとに行った時もペットショップに立ち寄った。

そこにも白ポメがいて、ガラスケースの向こうからフセの姿勢でこちらを見つめる顔はCMのギガちゃんそのものであった。

「ギガだ!」

「ギガがいる!」

次の瞬間、私は仰け反って悲鳴をあげた。

お値段が90万円だったからだ。

 

「これ、買う人いるのかな…?」

「いるんだろうね…」

 

店員がニコニコしながら近寄ってきたので、私と娘はそそくさと店を出た。

その時私達は、1万円払って引き取った里子犬と、タダで拾った捨て犬を連れていた。

 

いくら綺麗ごとを並べても、人間の価値が平等ではないように

動物の価値も、平等ではない。

 

 

パピヨンのLが死んだ後、私はうちの2匹の犬を触るのも嫌だった。

やっとうちの犬を触れるようになってからも、外でよその犬を正視できなかった。

次第に、パピヨン以外の犬ならば見る事が出来るようになり、触れるようにもなった。

人の心は容易く壊れるけれど、時間が経てばちゃんと自己修復出来るのだと思った。

それでも、ペットショップのガラスケースの中にパピヨンの仔犬を見つけると、その場で泣き崩れてしまいそうになる。

ショップで売れ残り、出して出してと騒いでいたLを思い出してしまう。

パピヨンは今は人気が無いらしく、ペットショップにあまりいない。

先日、池袋のショップで見たパピヨンは器量が悪い牝で、だいぶ大きくなっていたのに20万円もした。

狭いケージの中、長い脚を伸ばして虚ろな目をしていた。こちらを見ようともしない。

この子は、とても売れそうにないな。

このまま売れ残ったら、どうなってしまうのだろう…

 

私は長年同じ問いを思い続けながら、その答えに近づこうとしなかった。

 

 

昨日、里子犬と捨て犬をトリミングに連れて行った。

前回は1月に3匹をトリミングした。それから間もなくしてLは死んでしまったので

Lはさっぱりとした足先で、あの世を駆け回っている事だろう。

今回からは2匹である。

4,500円かかっていたものが、3,000円で済む。また落ち込んでくる。

併設のペットショップでは生体販売もしていた。

パピヨンがいなければいいな…と思いながら見に行った。

1月にはそこに、やはり売れ残って大きくなったパピヨンがいたのだった。

 

すると、ガラスケースの中には別の小さなパピヨンがいた。

「可愛いな!」

「可愛いね。でも買わないよ」

すかさず店員が、頼んでもいないのにパピヨンを外に出した。そして私に抱かせた。

パピヨンの仔犬はふわふわで、羽のように軽かった。

甘え上手なようで、私の手を舐めたり胸にスリスリしてきた。

「この子はすごく甘えん坊さんなんですよ。可愛いでしょう?」

そう店員に言われれば、可愛いとしか言いようがない。

もう生後3か月を過ぎているのに、体重が1キロ未満なのだという。

「この子は手足が小さいし、たぶん成長しても3キロいかないんじゃないかと思います。」

それがどうしたと思いながら「そうかも知れませんね」と答えた。

本当に小さくて可愛かった。

成り行きとはいえ、パピヨンの仔犬を抱っこしている自分に驚いた。

 

もし、この仔犬を家に連れて帰ったら、私のぽっかりあいた心の穴は埋まるのだろうか?

とてもそうは思えなかった。仔犬の世話に追われて気は紛れるかも知れないけれど、寂しさはきっと変わらないだろう。

仔犬を抱っこした時の、不可思議な感情を例えて言うならば…

大好きだった男と別れ、寂しいからといって好きでもない男に抱かれても、余計に寂しくなるような…?

 

 

そんな経験ないけど!

 

 

(嫉妬深かったLが、怒っているだろうな…)

 

そう思って仔犬をすぐに店員に返した。

とにかく、仔犬を買うわけにはいかなかった。

あの犬は、私が買わなくても誰かがきっと買うだろう。

仔犬は誕生日がLと5日違いの、1月7日生まれの牡だった。

もし仔犬の誕生日がLと同じ日だったら。

それよりもし仔犬の誕生日が、Lが死んだ1月22日だったりしたら、私は仔犬がLの生まれ変わりだとか

これは運命だとか何とか言って、あの仔犬を買ったかも知れない。

危ないところだった。

 

 

「この前までいた、大きなパピヨンはどうしたのですか?」と聞いてみると、先日やっと売れたのだと言う。

「とてもいいお家に飼われて、幸せに暮らしているみたいです。時々遊びに来てくれます。」

店員は、嬉しそうにそう話した。

良かった。

 

でもその幸運は、ショップにいる全ての犬や猫には訪れないだろう。

そもそも、ショップに並んだだけでも幸運だったかも知れない。

私はそんな仮説を立てながら、その証明をしようとしなかった。

もう少ししたら、元気になったら

ちゃんとやろうと思っている。