w a k u r a b a

文芸メイン、その他もろもろ

信仰

信仰がない私は、何に祈ればいいのだろうか。 どんな神様だって、私など助けてくれないと思う。 信仰があれば 信じる神がいれば きっと、今ほど苦しくはなかっただろう。 幼い頃、姉とふたりで初詣に行った。 私達は押し黙って足元を見ながら歩いた。慣れな…

アヒル④

tanpopotanpopo.hatenablog.com tanpopotanpopo.hatenablog.com tanpopotanpopo.hatenablog.com 何が起ころうと、父と母の修羅は終わらなかった。 いくら私達が、小さな積み木を積むようにして家族の歴史を重ねても、父はそんなものと言わんばかりにぶち壊し…

アヒル③

tanpopotanpopo.hatenablog.com tanpopotanpopo.hatenablog.com 私が実家を出てから弟に会ったのは、姉の結婚式、そして私の結婚式の時だけだった。大学受験を控えていた弟はますます暗く、話しかけてもろくに返事もしない。 弟は父に反発し、父との溝はかな…

アヒル②

tanpopotanpopo.hatenablog.com 私が母の代わりに保育園にお迎えに行くと、弟は必ず不機嫌になって泣いた。 「タンポポは嫌だ。お母ちゃんがいい。」 「お母ちゃんは忙しくて来られないの。だから我慢して。」 「嫌だ嫌だ。お母ちゃんでなきゃ嫌だ。」 ぐず…

アヒル①

私が5歳の時に、弟は生まれた。 当時を鮮明に覚えている。 男子の誕生とはこれ程までに大人を喜ばすのかと驚く程、弟は周囲からの祝福を受けていた。父はたいそう上機嫌で、母も満面の笑顔を見せていた。 私と姉は、弟が出来た事はもちろん嬉しいのだが、暫…